ローソファーのメリットと問題点について考えよう


圧迫感がなく部屋が狭くならない

ローソファーは座席部分が低い位置にあるソファーのタイプです。脚も短く背もたれの高さも低いので、見た目の圧迫感がありません。ソファーを置くと部屋が狭くなりがちですが、ローソファーであればそこまでスペースを取ることもなく空間を残せます。座ったときも部屋を広く見渡すことができて、開放感があるでしょう。部屋が窮屈にならないところが、ローソファーの魅力です。床に近い位置で過ごすことができるので、座椅子感覚でも使えます。このことから、和室にソファーを置きたい場合にもローソファーは適しています。座椅子よりも現代風で、おしゃれな雰囲気が漂うのではないでしょうか。

子供の怪我やペットの飛び降りにも安心

座面が低い位置にあることで、小さな子供も安心して座ることができます。子供はソファーの上に登って遊ぶことも多いですが、万が一座席から落ちたとしても低いので怪我をしにくいです。また犬や猫を部屋で飼っている場合にも、低い座面からであれば飛び降りるのも気になりません。安全性の面においても、ローソファーは優れていると言えるでしょう。

掃除機がかけにくくて掃除に困る

ローソファーのデメリットとして、掃除がしにくいことが挙げられます。脚が短いので、座面と床の幅も狭くなります。そうすると、掃除機が隙間に入り込まないケースもあるでしょう。狭いスペースにも埃は溜まるので何とか綺麗にしたいものですが、なかなか掃除が大変です。とは言えローソファーはコンパクトで軽いものも多いので、軽々動かすことができます。場所を少しずらせば、綺麗に掃除機をかけることも可能ですね。

ローソファーを購入することを考えている人は、近くの家具屋さんに何軒か行き、座り心地をチェックしましょう。