フォトウェディングのメリットとデメリット


フォトウェディングのメリット

フォトウェディングとは、結婚式を写真に残すことです。結婚式や披露宴をする予定がない人が記念に残したい場合や出席できなかった親に花嫁衣裳を見せたいという人から人気のあるスタイルになります。普通の式と違い、フォトウェディングにはさまざまなメリットがあります。

一つ目は、特別な準備が不要なこと。本来の結婚式であれば、衣装選びや事前の打ち合わせなどやるべきことがたくさんあります。人生で一度きりの晴れ舞台なこともあり、準備に力が入り過ぎて負担になってしまうことも。その点、フォトウエディングであれば誰かを招待することもなく打ち合わせも1回から2回で終わるので準備の手間がかかりません。

二つ目は、挙式に比べて安く行えることです。挙式や披露宴にかかる費用は200万円から300万円と言われています。ご祝儀で費用はなんとかなりますが、それでも100万円は自己負担になるでしょう。ですが、フォトウェディングなら撮影だけなので費用を圧倒的に抑えることができます。カット数やスタジオ撮影を節約すれば、結婚式の10分の1以下のコストで行えるのが大きな魅力です。

フォトウェディングのデメリット

さまざまなメリットが存在するフォトウェディングですが、デメリットも存在します。フォトウェディングの大きなデメリットは、天候に左右されることです。思い出に残すため、ロケーション撮影を希望したときは、天候によって撮影が中止になることがあります。自分たちの思い出の場所で写真が撮れるのは魅力ですが、ビーチなどの野外だと、どうしても曇りや雨といった天気だと撮影期間が延びてしまいがちです。

フォトウェディングは記念写真を撮ることで済ませる、手軽な結婚式です。披露宴や式にかかる時間や費用を抑えながら、本人のこだわりに合わせて、お洒落な写真を残せる点が魅力です。